1.JPG

Color: ブラック
Leather:キップガラス
Sole:   合成ゴム

 

 

一昨年のオープン以来、ローファーと共に定番商品として
続けてきたShoe&Co.のタッセルスリップオンを今春にリファイン。

※タッセルとは、紐の先端に付けられる「房飾り」のこと。
それ自体は室内履きやブーツなど、ヨーロッパの靴に見られたディティールだったが
現在のスリッポンスタイルに定着させたのはアメリカで、1940年代後半に登場している。

 

2.JPG

 

アッパーは足当たりが柔らかく、足馴染みの良い革に変更。
また木型、紙型のモディファイを行い、履き口を狭くすることでカカトが抜けづらく
フィット感が増している。

 

3.JPG

 

甲に付いている飾り帯状の革(通称サドル)をなくしたことにより
デザインをシンプルにしてタッセルの存在感をより際立たせた。

 

4.JPG

 

アメリカ生まれの靴だけに、アメリカントラッドにはもちろん、デニムやチノで
カジュアルに合わせることによってタッセルの持つ上品な風格を楽しんでほしい。